« お知らせ! | メイン | ありがとう!大川市〜!そして、東員町〜! »

2013年3 月22日 (金)

コメント

おいちゃん

日々の忙しさに追われ、桜の花も通勤途中に見るだけになり、気づいたら葉桜になっている昨今…

話が個人的な事になり申し訳有りませんが…
猪さん大変ご無沙汰しております。
息子様がお亡くなりになられていたのですね…
御冥福をお祈り致します…

「春かた」が染みます…
これからも、ちとせさんを聞き続けていきましょうね!
先ずはニューシングルですね!

aqua55

3月24日のお中元コンサート素敵でした~(^^♪
選曲も春・花を中心に、大地からあふれるエネルギーのような元さんの歌声にパワーいただきました。ドレスの下の黒いコンバースもばっちりわかりましたよ!中君の天然ブリも素敵。
東員町の人はシャイで素朴な人がおおいですけど、皆さん感動していました。私の隣の男性は後半ずっと感動してないていました。
CDショップ勤務だったため、「ワダツミの木」が出たときは問い合わせが多く、「奇跡の歌声」とポップかいていたのを思い出しました。こうして歌い続けてみなさんにパワー届けてくださっている元さんに感謝です。この出会い大切に♡

nabe

ブログお久しぶりですね

冬なのか夏なのか春なのか判らなくなっているうち、やっぱ春ですね

中目黒の桜きれいだねって、東京にいたのですか。

花見でちーちゃんの聞きたいな

もちろん「春のかたみ」、島唄で陽気に“せいごれ”飲むのもいいな。

“せいごれ”は横浜そごうの地下酒売り場に置いてましたよ。

コイケユウコ

本日は桜の季節にぴったりな素敵なライブをありがとうございました!
まさか元さんと中さんのお二人が来てくださるなんて思っていなかったので、ライブが決まった時からすごく楽しみにしていました。
またいつか大川でお会いできることを楽しみにしています。
本当にありがとうございました。

猪

久しぶりの福岡ライブでした。温かい気持ちに満たされました。「ワダツミの木」最高でした。
10年前から福岡と長崎のライブは必ず参加して、いつも息子と一緒でした。
そして帰りの車の中で、「やっぱり元ちとせはすごいな」、「うん歌の力に圧倒された。最高だった」という短い会話の後は興奮の余韻に浸ってすごく幸福な時間でした。
今度のライブは初めて一人で行きました。
二年前の春息子は天国へ逝ってしまいました。
心が空っぽになって一年くらいは、大好きなちとせさんの歌も聴くことができなくなりました。
でも時間が少しづつ感情を取り戻させて、四季を感じたり、ちとせさんの歌からエネルギーをもらうことができるようになりました。
息子の思い出を温かい気持ちで振り返ることができるようになりました。
高校・大学時代の友人やエレキバンドの仲間や恋人に恵まれ短いが幸せな人生だったと思う。
ぼくの親友であり、PCや音楽について教えてくれる師匠さんでした。
今は天国で楽しくやっているだろうから、もうあまり悲しまないようにしたい。
以前「ぼくは一生熱烈なちとせファンです」と宣言しましたので(一年の空白はあったが)これからもちとせさんのライブには必ず参加して、CDを聴いて元気にやっていきます。
ちとせさん いつまでも歌い続けてください。

フクタカ

ニュースで、上野の桜が見ごろで花見客がいっぱいなのを見ました。史上2番目の早さだそうですね。お中元ライブ、またまた楽しんで下さいね!ブログありがとうございました!!

mikazuki

めっちゃきれいなぁ~♪♪

桜の季節はなんかワクワクしてきていい感じ

明日、ちぃちゃんに会えるしっ!!

天野三郎

更新待ってました!
桜は早く見ごろを迎えたようですね。
僕も週末は花見を楽しみたいです。
2枚目の写真はカルパッチョでしょうか?

akihiko

ちーちゃん、おはよう~。(^ー^)/
東京の春・・・・楽しんでますね~~。
我が家も春休みで戻っている娘達と一緒に、近所の野川(のがわ)の桜を見に行って来ま~~す。(*^-^*)v
ちーちゃん、素敵なライブになりますように・・・・(祈♥)
体調に気をつけて、富愛斗でね。o(^-^)o♥

t-papa

元さん、今晩は!美しい桜のお写真ありがとうございます。
写真は目黒川沿いなのかな。きっとこの週末に満開で、お花見の最盛期ですね。貴方の「春のかたみ」のPVを思い出してしまいました。桜の花たちが「一番美しい私を心に留めて」と言っているように感じますね。

今日はオーガスタの事務所におられたのかな。
お花見を楽しむ「心の余裕」っていいですね。日によって寒暖に差がありますので、暖かい奄美から来られて風邪など召されぬように福岡と三重の「ライブ」頑張ってくださいね。

ところで元さん!「カッシーニ」は今も土星の周りを回っているって-------知っていました?
1997年に米国NASAと欧州宇宙機関によって打ち上げられた、土星探査機「カッシーニ」は、金星、地球、木星の引力を利用した「スイングバイ」を繰り返して、2004年に土星系に到着。そして軌道に乗り、土星とその衛星の映像とデータを地球に送って来ました。
土星とその環を観測するとともに、土星の最大の衛星である「タイタン」に2度にわたって「フライバイ」を行って近づき「ホイヘンス」探査機を放出して着陸させることに成功。カッシーニによって「タイタン」の北極点にメタンの海があることなどが突き止められました。

加えて大きな発見としては、別の土星の衛星「エンセラダス」の南極付近で「塩や有機物を含んだ氷の粒」が上空500キロメートルの高さまで、間欠泉のように噴出していることが分かりました。これによって衛星「エンセラダス」の表面を覆う氷の下には液体の「海」が存在すると考えられています。

つまり 「エンセラダス」には、地球以外の生命体が存在する可能性があり、また窒素やメタンは生命を作っている有機物の材料でもあるので「タイタン」にもその可能性があるそうです。

日本や米国の研究者は、2020年代にも「はやぶさ」型の探査機を「エンセラダス」に向かわせて、吹き上がった氷の粒を採取して持ち帰ろうという計画を考えているそうです。

「カッシーニ」は8個の新たな衛星を発見し、土星の知られていなかった環を見つけるなどの成果を上げ、2008年に当初の「ミッション」は終了しますが、2010年まで継続運用されて、更には2017年までの運用が決まって、今も土星の軌道を回りながら土星の気候変動を観測しつづけています。

「はやぶさ」が有名だけれど、「カッシーニ」もすごいよね-----。

                    
この惑星探査機ではないけれど、我々人間にも、何か、天から与えられた「ミッション」があるのかな。
普段は気づかずに仕事や生活をしているけれど----後で振り返ってみると、何か運命づけられたものが有るような気もします。

元さんの場合、やはり歌を通じて観客やファンの心の中に伝わるものが有るように思います。
先日、NHK「課外授業ようこそ先輩」を見ましたが、「人を思う気持って伝わるんだな」と改めて思いました。元さんの授業で、島の子供達にもきっと伝わったと思います。

元さん!巡り来る春を迎えて、歌の道、ますます頑張って下さいね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)